更年期障害 最初にやる3つのこと

更年期障害は、人それぞれ、症状の出方は違いますが、生理が上がる前後に起きると言われています。隠れた病気がないか、1番は病院で検査をすることをオススメします。異常がない時は、まずは安心してください

でも、実際に疲れが出たり、ホットフラッシュや、フラフラしたり、息苦しくなったり、頭痛がして、血圧が上がったり、胃が痛くなったり、様々な症状が出ると、怖くなりますよね。更年期症状ですが、自分は更年期など脳に思い込ませない方が良いようです。

本日は、3つだけ緩和方法を伝授させて頂きます

1生活習慣を見直す

当たり前ですが、食事は不規則になってませんか?バランスが取れてますか?腸内環境を整えることが健康の第一になります。

睡眠 22時〜2時の間は、しっかり寝れてますか?(大事なホルモン分泌の時間です。ホルモンのバランスは、ここが大事です。)

運動 30分は歩きましょう。運動できない場合このYouTubeがオススメ

ゾンビ体操笑。

https://www.youtube.com/watch?v=DHqrNviMhIE

2深呼吸

呼吸が浅いと酸欠状態になったり、息をどう吸っていいのか?分からなくなります。体がガチガチになっているので、ゾンビ体操では、ないですが、ブラブラ、力を抜いて、深呼吸。胸で呼吸せず、大きく鼻で吸って、お腹の中に入れます。

口から、吸った倍の時間をかけて吐いてください。これを10回ほど繰り返してください。

3活動する

どうしても、横になりがちです。じっとしていると、リンパの流れも滞る為、疲れが抜けにくくなります。家の中をウロウロするだけでも調子が出てきます。外に出れるようでしたら、公園がオススメです。光合成では、ないですが、体に光をしっかり当てましょう。緑がたくさんある公園はマイナスイオンも浴びれるし自然のエネルギーがもらえます。笑いましょう。モンモンとしがちですが、嘘笑いでも効果はあります。ちょっと怖いですが笑。